カテゴリ
随時更新USAバスボート情報
店頭在庫
アルファSTAFF BLOG
PARTS
メンテナンスBLOG

NiTRO

NITRO Z-18

NITRO Z-19

NITRO Z-20

NITRO Z-21

TRACKER boats

ProTeam 175 TXW

ローンのご案内

トレーラーバレット(Trailer Valet)
ALPHA-INTERNATIONAL
大阪府枚方市長尾家具町3-5-13
TEL/FAX 072-866-9007
info@alpha-international.jp
定休日 水曜
営業時間10:00〜20:00
陸運局認証工場完備
TRAILER VALET 楽々トレーラー移動!
本日 全体
訪問者 335 4618414
コメント 0 260
トラックバック 0 0
シルバラード オルタネーター交換
2016/07/07 15:50:12



2008y シボレー シルバラード LT 2WD
車検でお預かりしました。
オーナー様曰く、
「絶好調ですよ」
点検させていただいても、
とてもきれいな車で問題なさそうでしたが・・・

電圧計
画像右上のゲージです。
通常エンジンがかかっている状態では
「14V」付近を指しています。
実際の発生電圧は「14.2〜14.6V」位が正常です。
ゲージの針は、「12V」付近を指しています。
実際の発生電圧は「12.5V」。
エンジンの回転数をあげると「14V」付近になりますが
アイドリングでしばらくすると
画像の位置まで、針が下がります。

オルタネーター
通常はエンジン回転数に関係なく、
約14Vの発生電圧があります。

左が取り外した部品
右がACデルコ製新品部品

取り付け完了

ゲージの針も「14V」付近を指しており、
実際の発生電圧も「14.6V」

エンジン始動時は、オルタネーターの発電した電気により
車の電装部品を動かしています。
この電圧がバッテリー電圧より下がると
バッテリーの電気だけで電装部品を動かすことになります。
そうなると走行中であれ、
バッテリー上がりになりエンジンが止まります。
ゲージの針が、
必ずしも発生電圧を正常に指しているとは
限りませんが目安にはなります。
メーターには、その他にもいろいろなゲージがあります。
針の動きを見ることにより
事前にトラブルを避けることができます。
少しだけ意識して
ゲージを見る癖をつけましょう。

気になる方は、お気軽にご相談ください。



      
   アルファインターナショナル
大阪府枚方市長尾家具町3-5-13
TEL 072-866-9007
  

この記事のURL : http://www.alpha-international.jp/497517.html
お問合せ   |     |   ▲TOP